羽山のラッセル

初めて看護師の就職先を探してみてもなかなか見つからないという方は、年齢が壁になっているかもしれません。一般的に、求人には表面上年齢について書いていない場合も、実際には病院側が採用に関する制限を設定していることもあります。中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を行っている保育所の利用や病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も相当数いると思われます。昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、家庭の都合から、企業に就職して会社員としてしばらく働きました。ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、看護助手として勤務しながら看護師資格を取る方法があることを知りました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。看護師という仕事に就いている方の中では、勤務時間が一定でないことに加え、過酷な労働環境だということも相まって、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実をいうと、看護師の資格を持っていると看護師以外の職業でも実際に役立つことがよくあります。いくつか例を挙げるならば、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。今どきの交代制勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験が浅いとシフト勤務は避けて通れないと思います。実際に、私の妻も看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに大変でした。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが条件です。それが試験の受験資格でもあります。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って受験対策をする人もいるようです。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、看護学校の通信課程も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師は激務をこなしているのが実情です。少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは深刻な現状を表しているといえます。看護師の勤務先は、病院以外にもあります。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても特に看護師は重宝されているのです。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護方面に興味のある看護師は職場としてグループホームを選ぶということも前向きに考えていいのではないでしょうか。医療施設で看護師として働いていた知人は、ある病気の治療のために退職したそうです。でも、病気を治したらすぐに現場に戻り、医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少のブランクでも、資格があれば復帰も早いと思います。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。代表的な要因として過酷な労働環境があります。近年、看護師の医療行為が解禁されたことで看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長時間になって、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、辞める道を選ぶ人も多いのです。皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、同じことが看護師にも言えます。総合病院と町医者とでは給料も変わってくるでしょう。これらの事を考慮すると、看護師として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。総じてキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。労働時間が長いということも一般的に、看護師の勤務というものが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は女性が担うものというイメージがありました。ですが、ここ最近の傾向として看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男女共に働く職業となってきました。看護師に相応しい性格や能力をみても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も看護師に求められる要素だといえるでしょう。平均的に離職者の多い看護師という職業は、やはり、転職率も高いことが挙げられます。ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが増えつつあります。こうした看護師専用の転職サイトであれば、さらに効率よく希望通りの求人を探すことが出来るので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも一緒に活用することをお勧めします。職業上、看護師という立場では煙草を嗜む人が少ない気がしますが、その印象は間違っておらず、平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。病院で勤める以上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している看護師が増えていることが分かるのではないでしょうか。殆どの看護師に共通する悩みといえば、交代勤務などで休日が不規則になることです。平日が休みになってしまっては、誰とも都合が合わないといったケースが多いようです。他にも、看護師が不足している職場においては、労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは女の人が多いので、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、離職率が高めの仕事であると言えます。その他にも、勤務時間が一定でないこと、労働環境の大変さによって最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。それは国公立病院や公立機関で働くという方法です。本来、職業としての看護師が専門職で長く勤務することが出来る安定した仕事だということで高い人気がありますが、さらに公務員の待遇が付加することでこれ以上の安定性はないですよね。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは魅力的ですよね。看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておく事が必須になります。メイクをする女性の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、印象の良いナチュラルメイクにするのが一番良いでしょう。素顔の時ともまた違っているので、雰囲気が変わりますよ。国外で助けを求めている人に、医療に携わる者として何かできる事がないのかという考えを持った看護師の方が増えています。海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、看護師は常に求められているのです。当然ですが、海外では医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要になります。本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。階級が高いものは、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長、総看護師長といわれる階級です。どのようにして階級を上げるのかというと、長い間同じ病院に勤めて実績を残しておき、一目置かれ、認められるような存在になることが重要でしょう。階級が上がれば上がるほど、高い収入を見込めます。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。覚えておかなければいけない仕事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も少なくないそうです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には職場によってそれぞれ異なるようです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日出勤や平日休みも珍しくありません。むしろ、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、大体の場合、スムーズに審査を通ります。例外として、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそう簡単にはいかないかもしれません。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規職員として勤務している安定している看護師に限って言えることであり、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。以前は疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、昨今は少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。年収については、女性の場合と一緒ですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。夜勤を含めた交代勤務が必須など多くの仕事がある看護師ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を責任もって申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。簡単に済んでしまうようなケースも多いとはいうものの、医療的に重大な処置に関する申し送りは間違いがないよう、慎重になる必要があります。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。仮にナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば職場選びの際、日勤だけではなく夜勤がある勤務先を選択してください。夜勤帯に働くかどうかでかなり手取りが左右されます。看護師になるための手段として、大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。対する専門学校については、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについてもなんと大学の学費の十分の一程度です。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど看護師の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、独身の女性も多いです。調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えますね。結婚が遅い人に共通していることは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、キャリアアップを最優先に考えるため、婚期が遅れるようです。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般の会社組織においては課長職に近いものです。普通に課長職といっても、その年収が勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおよそ750万円程度だと見られています。